〒286-0211千葉県富里市御料116-2
TEL・FAX:0476-93-6748

神様の約束

投稿日:

ペトロの手紙二 1章3~15節

ここには救われた者に約束されている恵みについて書かれています。
その約束とは「情欲に染まったこの世の退廃を免れ、神の本性にあずからせていただくようになる」(4節)ことだとあります。汚れと醜さにまみれた本性が変えられて、遂には神様の愛を体現出来る者になるという約束なのです。徳を積み実を結ぶ歩みを続ければ「イエス・キリストの永遠の御国に確かに入ることができるようになります。」(11) 
ペトロは、自分が世を去った後も自分の語ったこれらのことを思い出してもらえるように努めます、と書いています。

この世を去った後に、その人がやったこと、言ったことを思い出してもらえるような生き方をすること。その人の徳が、愛が、後世に残るような生涯を送ること。この度、遠いアフガニスタンの地で銃撃に倒れた中村哲先生はまさにそのような生き方をされた方でした。

2008年、ご自分の活動に参加していた青年が拉致、殺害され、日本人ワーカーを完全に引き揚げさせたあとも、中村先生自らはなお、その地にとどまって水路の建設事業をやめようとはなさいませんでした。

中村先生は若き日、福岡の西南学院で学ばれている頃に受洗されました。九州大学医学部に進まれ内村鑑三の影響を受けて、自分の将来を日本のために捧げたいと考えられたそうです。先生の死を多くの人々が悼み、とりわけアフガニスタンの人々が悲しむ姿を見ると、中村先生がどれほど大きな愛をこの国の人々に捧げたかが分かります。中村先生は、神様の素晴らしい約束を与えられた者がどれほど大きな働きをすることが出来るかを、ご自分の生涯を通して示して下さいました。

-説教要旨

Copyright© 日本基督教団富里教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.